スタンド看板製作の効果と見積もり等の注文上の注意点

多種多様なタイプが活用されています

イベント会場、あるいは店の入口直ぐ近くにセッティングすることが多いスタンド看板は、色々なスタイルやタイプがあります。そして、活用法次第で非常に高い効果を得ることができます。スタンド看板は立て看板とも呼ばれており、いくつものタイプがあります。壁面看板、あるいは袖看板の様に大掛かりな備え付けが必要ないことから、設置がシンプルで価格を抑えることができることは非常に大きな利点となるでしょう。製作して設置する場所も限定的なスペースで可能です。さらに、電子看板の様に特別の設定も不要です。夜間についてもスタンド看板を用いたい場合は、ライトの設置を行うことで、エレガントなムードを演出することができます。

A型看板という種類の特徴と効果

A型看板という種類は、運びだしができる重量のため都合に合わせて出し入れができます。キャンバススタイルのように表示している部位を交換できる種類であれば、その日毎に異なる情報を売り込むことができるでしょう。製作費用面も少なくできるのが、非常に大きなメリットと言えるでしょう。そして、店や会社の入口に面している道路などに設けられます。歩行者に対して視点が合っていることから、通行人に対し非常に大きな訴求効果が得られます。その結果、道行く人の関心を引くに関する情報を掲載すると効果が期待できます。食事メニューや販売価格、その時々のお値打ち情報などを分かりやすく表現すると役に立つでしょう。

スタンド看板をオーダーする上での注意点

中には店やイベント会場等が、大きい通りに面しないケースもあるでしょう。そういった状況のきに、ルートの案内板という形でも役割を果たしてくれます。大規模な通りに設置し、矢印などを通して店や会場に至るまで誘導できます。設置する時の注意点としては、強い風が吹く日に屋外で使えば、風のあおりを体験して倒れてしまう可能性が考えられます。ウェイトを用いることで幾らかは守ることができますが、強い風が吹く日の活用は回避すると良いでしょう。A型看板のような種類は、濡れるだけでも劣化する可能性が考えられます。蝶番が劣化すると自立が困難になるので、パーツ交換、あるいは一定期間ごとの入れ換えを検討しましょう。加えて、通行人にも容易に手が届くので、情報そのものを書き替えられるといったことにも気を付ける必要があります。そして、製作する場合、複数社から見積もりを取ることが重要です。見積もりを取ることで、競争原理が働き、安く購入できます。また、見積もりと共に、製作会社のサービスの内容もしっかりと確認しましょう。